マサコケのメダカ飼育日誌(放任編)

メダカと水生植物で屋外飼育を細々と楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんな飼育スタイルにする???

今日は予報通り曇りがちで気温も低く、イマイチな陽気でした。
ど~も~♪マサコケです(*^o^*)

今回は屋外での飼育スタイルについて、これからメダカ飼育を始めようと云う方にも判り易く(?)説明してみたいと思います(」゜□゜)」

「容器」に関しては何度か記事にした事がありますので今回はスルーしますねΣ(゚Д゚)

一言に屋外メダカ飼育と言っても組み合わせによって3つのパターンが考えられます。

①容器+水+メダカ
一般的に「ベアタンク」と呼ばれる飼育法です。
容器に飼育水を入れメダカを飼育するスタイル…容器内にはメダカしか居ませんのでメダカ自体の観賞を最優先させた飼育法とも言えますね♪
メダカが身を隠す様なモノが一切無いので観察はし易い反面、「生物ろ過」の面では厳しい(バクテリアの繁殖する場所が無い)ので飼育水の水質維持が難しいと考えられます。

②容器+鉢植えの水生植物+水+メダカ
①のベアタンク飼育に鉢植えの水生植物をプラスした飼育法です。
メダカが身を隠す事が出来る様になった反面、メダカの観察が少々し難くなります。
生物ろ過は鉢植えの用土内にバクテリアが定着すればある程度は期待出来ます。また水質に関しても水生植物が投入された事で維持が容易になりますネ。

③容器+底床(低床)+鉢植え(直植え)の水生植物+水+メダカ
俗に言う「ビオ」飼育ですネ。
②の飼育法に容器の底に土などの底床(低床)をプラスした飼育法です。
容器内に自然の様な環境を再現する…感じでしょうか。
メダカ自体の観賞と云うより容器全体を観賞する飼育法とも言えますネ。
底に土などを入れる事により更に生物ろ過が安定します。一度環境が整えば水質の維持も一番ラクです。
ただ、水生植物が育ちジャングルの様になってしまうとメダカが何処に居るか探すのが大変です(笑)

①は水質さえしっかり管理出来れば邪魔なモノが一切無い分「管理」がラクです。
②は①だとちょっと殺風景かな?と思う人向け(笑)水質管理に自信は無いけど出来るだけシンプルに飼育したい場合には良いのでは?
③は擬似自然環境の中を泳ぐ姿を見たい人・出来る限り自然の状態に近づけて飼育したい人向け。また屋内では光量の関係で栽培の難しい水生植物が簡単に栽培出来るのもメリット大です。

①~③の飼育法はどれも一長一短があります。自分がどんな飼育をしてみたいのかイメージしてみると良いですね♪

因みに文中の「水」は飼育水の事です。
水道水にいきなりメダカを入れる訳ではありませんョ。
水道水には消毒の為「塩素」が入っていますが、この塩素メダカを始めとする生物にとっては決して良い物ではありません。
なので使用する際は
①中和剤を使う
②1昼夜汲み置きする
…で、塩素を中和する必要があります。

厳密に言えばコレだけではまだ飼育水とは言えないですね~
この水の中にバクテリアや微生物などが発生して初めて「こなれた水」・「飼育水」と呼べる様になります。

塩素を抜いたから大丈夫!!!と言っていきなり多くのメダカを入れてしまってら数日の内に死んでしまうメダカも出る筈です。事前に容器など準備をして出来れば少しずつメダカを入れる様にすれば水を作りながら…になりますから死なせてしまうリスクも抑えられます。
ただ近くにメダカを購入出来る場所があるなら可能ですが通販などの場合は難しいですよね…その場合は市販の「水質安定剤(バクテリア)」を水に添加するなどの方法が最善と思います。

次回は「底床(低床)」について書いてみたいと思います( ´艸`)


それでは皆様「良いメダカライフを!!!」

お気軽にコメントをお寄せ下さい♪

ランキングに参加しておりますので
宜しければ「ポチッ」と応援をお願い致します。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 20:08:36|
  2. メダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<思い掛けない「贈り物」と、油断大敵と… | ホーム | 番外編~春をお届けします~>>

コメント

こんばんは!

何と、素晴らしい解説です!
私も初心(まだまだ初心ですが)に返った気持ちです。
何でこんなにメダカが☆になるのかなぁと悩んでた時期も。

「飼育水」、慣れたら秋~春まで水替えしなくても言える素晴らしい水になりますよね(^_^)/
  1. 2013/03/26(火) 20:19:09 |
  2. URL |
  3. taiki #-
  4. [ 編集 ]

taiki さん、こんばんは

ありがとうございますm(__)m

初心に戻りつつ、これからメダカ飼育を始める方にも解る様にしました♪

やはり一番始めの壁は「飼育水」かもしれませんね(´д`|||)
我が家では基本「足し水」のみですね・・・何かヤバい様な時は部分的な水換え、最悪はリセットですが(爆)
  1. 2013/03/26(火) 20:58:50 |
  2. URL |
  3. マサコケ #-
  4. [ 編集 ]

やさしい解説で ありました!!
私には、①が向いていないようです。失敗ばかりでした(私だからですよ!)。
黒メダカ・緋メダカの混浴容器は、②でしたね。
屋外で ほぼ100%越冬に成功しました(ヤマトヌマエビも一緒に越冬しました)。
③は、やっぱ良いですよね。
メダカだけ楽しむ ではなく ひとつの風景として楽しめます。
次回の「底床(低床)」編、楽しみです。
  1. 2013/03/26(火) 22:49:15 |
  2. URL |
  3. OTTO #sfQLks0g
  4. [ 編集 ]

こんばんは~

我が家は基本、容器+底床+水+メダカです。
水換えもあまりせず、足し水のみ。
基本テキトーですので・・・(汗)
あまり手をかけるのも、メダカさんによく無いですし(言い訳?)
  1. 2013/03/26(火) 22:57:39 |
  2. URL |
  3. さくメダカ #J8TxtOA.
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

大変丁寧な説明。初心者の私にとって大変参考になりました。
私は③で,セッティングを始めました。
とても作業が楽しいです。
次回の講義も楽しみです。
  1. 2013/03/27(水) 13:46:23 |
  2. URL |
  3. hiroaki #66e8lBaA
  4. [ 編集 ]

OTTOさん、こんばんは

どうせ飼うなら…③でしょ!?(爆)

①とかシンプルな②も良いのでしょうが…マサコケも③推しです♪

①は正直難しい気がしますね…こまめなメンテが必要な気がします。
稚魚は①ですが…
  1. 2013/03/27(水) 20:23:38 |
  2. URL |
  3. マサコケ #-
  4. [ 編集 ]

さくさん、こんばんは

いえいえ…適度な「適当」さは大事かと存じますよ(笑)
手を掛けると☆になってしまう事って良く聞きますね…

今期は是非ともプラス「水生植物」挑戦してみてください(^O^)
  1. 2013/03/27(水) 20:26:33 |
  2. URL |
  3. マサコケ #-
  4. [ 編集 ]

hiroakiさん、こんばんは

①~③までありますが
・立ち上げに関しては番号順に手間が掛かります
簡単①<②<③手間が掛かる
・水質の維持の話になると番号順に容易になります
難しい①<②<③容易

どの飼育方法でも勿論、メダカの飼育は可能です♪
でもせっかくなら自分の好きな様にセッティングしたいですよね~

  1. 2013/03/27(水) 20:34:05 |
  2. URL |
  3. マサコケ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masakoke.blog.fc2.com/tb.php/89-3d14f182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マサコケ

Author:マサコケ
ひょんな事から戴いたメダカさんを発端にメダカの屋外飼育を始めました。細々と「脱力系」で楽しみたいですネ

当ブログへの訪問人数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

メダカ (145)
番外編 (6)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。