マサコケのメダカ飼育日誌(放任編)

メダカと水生植物で屋外飼育を細々と楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2シーズン目のまとめ(飼育用具編)

こんばんは、マサコケです。

最近はめっきり寒くなりました…秋の火災予防週間も始まりましたしネ
冬はすぐそこです。

メダカ飼育を開始して2シーズン目になりました。
色々と学んだ(?)ので、これからメダカ飼育をする方へ自分の経験から参考になれば…と、
(これから始めたい様な方向けですので興味のない方はスルーして下さいネ)

000 039


容器…屋外での飼育の場合はプラ舟・トロ舟・発泡スチロール・プランター(勿論水漏れのしないモノ)・漬物用の樽・プラケース等が利用可能です。開口部が広いものの方がいいです。深さは然程関係ありませんが浅すぎると水が蒸発して水位が下がるので気をつけて下さい。色はお好みですがメダカには「保護色機能」があり明るい色の容器だと本来の色目が出ませんので出来るだけ暗めの容器の方が濃い体色になります。

水…水道水を1晩程寝かせて塩素(カルキ)を抜いたものを使います。市販のカルキ抜きを使っても勿論OKです。場所によっては井戸水などを使っている方もおられます。
(PSB添加…PSBとは硝化バクテリアの事です。以前は添加せずに飼育をしてましたが容器のセット後、環境が整わない内にメダカを入れてしまい翌日に死んでしまった事がありました。色々な要因があると考えられますが一つに生態サイクルの不全が考えられましたので以後はPSBの添加をしております。実際添加するようになってからは早い段階で死んでしまう子は殆ど出なくなりました)

底床…赤玉土・荒木田土・富士砂など
赤玉土:園芸用の土で粒の大きさが数種類あります。大きさは小玉がお勧めです。水の透明度が非常に良く(濁りが少ない)単体でも他の用土と混ぜても使用可で水生植物の用土にも使います。値段も安い(400円くらい)
富士砂:溶岩の砂利でバクテリアの棲家になります。単体でも他の用土混ぜても可です。値段は赤玉より高い(700円くらい)
荒木田土:粘土質を含む土で上記のモノより水質が安定する(私の場合)。水の濁りは強い。植えてもいない植物が生えてくる事もあります。値段は高い(1000円くらい)

マサコケは「なんちゃってビオ」なんで流木や水生植物を入れてます(また機会があれば紹介しますね)

あまり参考にはならないかもしれませんが…(汗)


それでは皆様「良いメダカライフを」  
スポンサーサイト
  1. 2012/11/09(金) 21:07:15|
  2. メダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

マサコケ

Author:マサコケ
ひょんな事から戴いたメダカさんを発端にメダカの屋外飼育を始めました。細々と「脱力系」で楽しみたいですネ

当ブログへの訪問人数

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

メダカ (145)
番外編 (6)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。